スキンケアの中でも注目の成分、セラミドの効果について調べています。特にニキビが繰り返しできる方や肌あれを起こしやすい方はセラミドのバリア機能を使って改善させることが必要となります。

スキンケアにセラミドがどのような効果があるのか?モチモチ肌を作る秘密

セラミドの特徴、外部からの保護と内側の保湿


top_2.jpg

セラミドが配合されたスキンケア商品や化粧品が沢山販売されています。

お肌にはとても効果があることは分かっていても、実際にはどのような働きがあるのか知らない人も多いのではないでしょうか。

セラミドはお肌の潤い成分として知られていますが、水分を保つ働きなど、スキンケアには大切な役割があります。

私達の体の中の細胞は、それぞれが細胞膜で覆われています。

細胞膜は、リン脂質やタンパク質、コレステロールから作られています。

icon_title_point.pngセラミドは、リン脂質の脂質成分の一つです。
そしてこの物質は、肌の角質の細胞膜に多く含まれています。


肌の細胞間を埋めるように存在するセラミドは、コレステロールや脂肪酸よりも多く、全体の約6割がセラミドになっています。


?

肌の表面にあるセラミドには、バリア機能となり外部の刺激から肌を守る事や、肌の中の水分の蒸発を抑える機能があります。

このような特徴のあるセラミドは、スキンケアには欠かせない成分となっていますね。

化粧水などでもよく見かけるセラミドですが、肌のブロック機能を高めたい時にはぜひ必要になります。

?

セラミド発祥の地は美容大国アメリカだった


セラミドという成分は1950年にアメリカの研修者によって発見された成分です。

比較的まだ新しい為に、現在も研究が進められ注目されている美容成分です。

そしてセラミドには、肌の細胞を活性化する効果もある為に、肌のターンオーバーも向上するメリットもあります。

毎日のお肌のお手入れにはぜひ使いたい成分ですね。


?

敏感なお肌を守る、セラミドのバリア機能とは?

baria.jpg


私達の肌は外部から刺激を受ける事が沢山あります。

屋外にでると紫外線からダメージを受けてしまいます。

他にも空気中の雑菌など、色々なものに対応できる健康な肌を保つ事が大切になります。

しかし肌本来の機能は、その時の体調やホルモンのバランス、生活習慣によっても異なります。

ダメージを受けやすい時などもありますから、そのときのためにも効果的なスキンケアを毎日することが必要になります。

肌のダメージを守る為には、角質層の表面をセラミドで守る事が効果的になります。

雑菌や刺激から肌を守る為にもブロック機能を高める事が重要なのです。

セラミドが不足してしまうと、湿疹など肌のトラブルも出やすくなり、肌が外部からダメージを受けやすくなってしまいます。

肌状態を安定させる為にも、セラミドを十分に与えることが必要ですね。

?
肌のバリア機能を高める事で、古いか角質から新しい角質へと生まれ変わりやすくなります。

古い角質がそのまま肌に残ってしまうと、毛穴に詰まる可能性もあります。

毛穴の詰まりはニキビやふきでものの原因となりますので、注意をしないとけません。

コチラのサイトでも紹介されているセラミド配合のスキンケアグッズを使うことが重要です。

しかし、なかにはセラミドが配合と書かれてあっても含有量が少ないものでは、効果もあまり期待する事が出来ません。

特に顔以外の部分、お尻などの硬い部分のニキビなどには、より浸透しやすいセラミドを使用することが効果的です。

値段にはあまりこだわらずに、自分の肌に効果のあう質の良い化粧品を使うことが必要です。

そして刺激を抑えた安心なものがいいですね。







?